Sarahna · Pressroom

聖書が紐解かれる:「ヨハネの黙示録」の全ての聖句がこの時代の実状につながる
「預言されていること(「ヨハネの黙示録」)の意味と、その預言通りに成し遂げられた実状を、全世界の諸教会に知らせたいと思います。」

October 25, 2021

新天地イエス教会、ヨハネの黙示録の全章の講義 ‘電撃突入’
-イマンヒ総会長の最初の講義 ”黙示録のすべての事件、直接聞いて見た" -世界初の黙示録1〜22全章の成就、YouTube中継開始 -“神様の新しい契約、黙示録の預言と成就のあかし“セミナー、12月末まで行われる予定

October 19, 2021

現実世界との繋がり: 黙示録が開かれる 現実世界との繋がり: 黙示録が開かれる
パンデミックに触発され人類の現在と未来の不確実性が高まる中、コロナウイルス関連の誤った報道が医療界への不信感や宗教に対する誤解を煽り、日常生活の様々な問題を加速させている。

October 14, 2021

現実世界との繋がり: 黙示録が開かれる 現実世界との繋がり: 黙示録が開かれる
パンデミックに触発され人類の現在と未来の不確実性が高まる中、コロナウイルス関連の誤った報道が医療界への不信感や宗教に対する誤解を煽り、日常生活の様々な問題を加速させている。

October 13, 2021

現実世界との繋がり: 黙示録が開かれる 現実世界との繋がり: 黙示録が開かれる
パンデミックに触発され人類の現在と未来の不確実性が高まる中、コロナウイルス関連の誤った報道が医療界への不信感や宗教に対する誤解を煽り、日常生活の様々な問題を加速させている。

October 11, 2021

現実世界との繋がり: 黙示録が開かれる 現実世界との繋がり: 黙示録が開かれる
パンデミックに触発され人類の現在と未来の不確実性が高まる中、コロナウイルス関連の誤った報道が医療界への不信感や宗教に対する誤解を煽り、日常生活の様々な問題を加速させている。

October 10, 2021

現実世界との繋がり: 黙示録が開かれる 現実世界との繋がり: 黙示録が開かれる
パンデミックに触発され人類の現在と未来の不確実性が高まる中、コロナウイルス関連の誤った報道が医療界への不信感や宗教に対する誤解を煽り、日常生活の様々な問題を加速させている。

October 9, 2021

現実世界との繋がり: 黙示録が開かれる 現実世界との繋がり: 黙示録が開かれる
パンデミックに触発され人類の現在と未来の不確実性が高まる中、コロナウイルス関連の誤った報道が医療界への不信感や宗教に対する誤解を煽り、日常生活の様々な問題を加速させている。

October 9, 2021

「15回ルーマニア」“国際法制定” 政治・宗教指導者の参加牽引
[天地日報=名勝日] 2014年9月に大韓民国ソウルで平和万国会議を開催した後、天の文化・世界平和・光復(以下、HWPL)イ・マンヒ代表と平和使節団は15回目の平和歴訪に出た。これにより、世界平和を実現するための実践方案として提示された「戦争終息国際法の制定」に国境や人種、宗教、思想を超えて様々な人々の賛同を得た。

September 22, 2021

HWPL-ユネスコ コモロ、ガンビア、コートジボワール国家位MOU
左から、2019年9月7日 HWPLとユネスココモロ国家委員会が締結したMOU(了解覚書)/同日にユネスコガンビア国家委員会が締結したMOU/2019年12月14日ユネスココートジボワール国家委員会が締結したMOU(提供:HWPL)ⓒ天地日報2021.6.17

September 22, 2021

HWPL-海外23のメディアとMOU ...平和活動の情報発信協力体制の樹立
[天地日報=ガン・スギョン記者] 2018年9月19日、平和万国会議4周年を迎え、韓国で行われた記念イベントでは報道・メディア12社がHWPLと公式MOU(了解覚書)を締結し、協力体制を強固にした。

September 22, 2021

HWPL-エチオピア‧アンティグア‧ドミニカ国の教育部とMOA
左からエチオピア高等科学教育部、アンティグア・バーブーダ教育科学技術部、ドミニカ国教育人的資源部とHWPLが締結・更新した合意覚書。(提供:HWPL)ⓒ天地日報2021.6.16

September 22, 2021

《新天地イ·マンヒ総会長 14日 牧会者対象オンライン御言葉セミナー 成功に終わる》
コロナパンデミック以来初の外部イベント… 牧師と一般人約1万4千人が参加 「啓示録実像を見た本人の証言を聞いてほしい」と呼び掛け… 信仰の過程に視線

August 18, 2021

《新天地イ·マンヒ総会長 14日 牧会者対象オンライン御言葉セミナー 成功に終わる》
コロナパンデミック以来初の外部イベント… 牧師と一般人約1万4千人が参加 「啓示録実像を見た本人の証言を聞いてほしい」と呼び掛け… 信仰の過程に視線

August 18, 2021

《新天地オンライン御言葉セミナーの後続教育に3千人以上申し込み》
14日のイ・マンヒ総会長「啓示録成就の実状を確認してください」説教に呼応 約1万4千人が参加、コロナのパンデミック中、非対面福音伝播の可能性を確認

August 18, 2021

【イ・マンヒ代表平和歴訪 第7次‐アメリカ‧中南米‐メディア】“心に「平和」の二文字刻 んでほしい”
天の文化世界平和光復(HWPL/代表イ・マンヒ)の第7回平和訪問は、2013年10月30日から11月16日まで の18日間行われ、39件の大小日程を消化した。このようなHWPLの平和の歩み、特にイ・マンヒ代表による平 和運動は、各国の放送‧メディアから注目を浴びた。この放送を聞いて、平和について一緒に模索するために氏 を訪れる人もいた。今回は、各国メディアの報道内容にスポットを当てる。

August 16, 2021

HWPL: Improvement of Peace in Mindanao Island, Phillippines
2014年1月24日、天国文化・世界平和・光復(HWPL)は、ミンダナオの40年間の紛争を解決するため和平協定に署名するよう政治家や宗教指導者を含む地元の代表者らに呼びかけた。現在、この民間団体主導で結ばれた和平協定は履行されており、フィリピン政府とモロ民族の間での平和な雰囲気を作り出すことに貢献している。

July 30, 2021

HWPL: フィリピン、ミンダナオ島の平和の発展
2014年1月24日、天国文化・世界平和・光復(HWPL)は、ミンダナオの40年間の紛争を解決するため和平協定に署名するよう政治家や宗教指導者を含む地元の代表者らに呼びかけた。現在、この民間団体主導で結ばれた和平協定は履行されており、フィリピン政府とモロ民族の間での平和な雰囲気を作り出すことに貢献している。

July 30, 2021

HWPL: フィリピン、ミンダナオ島の平和の発展
2014年1月24日、天国文化・世界平和・光復(HWPL)は、ミンダナオの40年間の紛争を解決するため和平協定に署名するよう政治家や宗教指導者を含む地元の代表者らに呼びかけた。現在、この民間団体主導で結ばれた和平協定は履行されており、フィリピン政府とモロ民族の間での平和な雰囲気を作り出すことに貢献している。

July 29, 2021

HWPL: フィリピン、ミンダナオ島の平和の発展
2014年1月24日、天国文化・世界平和・光復(HWPL)は、ミンダナオの40年間の紛争を解決するため和平協定に署名するよう政治家や宗教指導者を含む地元の代表者らに呼びかけた。現在、この民間団体主導で結ばれた和平協定は履行されており、フィリピン政府とモロ民族の間での平和な雰囲気を作り出すことに貢献している。

July 29, 2021

HWPL: フィリピン、ミンダナオ島の平和の発展
2014年1月24日、天国文化・世界平和・光復(HWPL)は、ミンダナオの40年間の紛争を解決するため和平協定に署名するよう政治家や宗教指導者を含む地元の代表者らに呼びかけた。現在、この民間団体主導で結ばれた和平協定は履行されており、フィリピン政府とモロ民族の間での平和な雰囲気を作り出すことに貢献している。

July 27, 2021

HWPL: フィリピン、ミンダナオ島の平和の発展
2014年1月24日、天国文化・世界平和・光復(HWPL)は、ミンダナオの40年間の紛争を解決するため和平協定に署名するよう政治家や宗教指導者を含む地元の代表者らに呼びかけた。現在、この民間団体主導で結ばれた和平協定は履行されており、フィリピン政府とモロ民族の間での平和な雰囲気を作り出すことに貢献している。

July 27, 2021

HWPL: フィリピン、ミンダナオ島の平和の発展
2014年1月24日、天国文化・世界平和・光復(HWPL)は、ミンダナオの40年間の紛争を解決するため和平協定に署名するよう政治家や宗教指導者を含む地元の代表者らに呼びかけた。現在、この民間団体主導で結ばれた和平協定は履行されており、フィリピン政府とモロ民族の間での平和な雰囲気を作り出すことに貢献している。

July 27, 2021

ブラジルのイスラム教団体の功労牌...「イ・マンヒ代表の平和の歩みに感動」
[天地日報=ガンスギョン記者] 宗教の平和を望む人々は宗教が一つにならければならないということに共感する。宗教の自由がある世界のほとんどの国では、構成比率は異なるが、様々な宗教が存在する。

July 21, 2021

フィリピンの州立大学表彰牌…「イ・マンヒ代表、永遠の平和の業績残した 」
[天地日報=ガンスギョン記者] フィリピンのミンダナオで2014年1月24日締結された歴史的な民間平和協定は、現地で平和教育のための良い教材となっている。40年間にわたり解決されなかった紛争が、(私)天の文化世界平和光復(HWPL)イ・マンヒ代表の仲裁で行われた民間平和協定以降、現地の住民の主導のもと、平和の文化を成している。また、この平和の文化が後代のための教材としての役割も果たしているのである。

July 21, 2021

ギリシャのイスラム教徒協会長の感謝牌..「平和万国会議の出席は大きな光栄」
[天地日報=ガンスギョン記者] 多数の中の少数。多数派から冷遇を受ける者は常に危機感を感じ、平和と平等を願う。数世紀にも渡って緊張関係にある宗教が多数派と少数派という不均衡を成している場合、その状況はさらに良くない。

July 21, 2021

ギリシャのイスラム教徒協会長の感謝牌..「平和万国会議の出席は大きな光栄」
[天地日報=ガンスギョン記者] 多数の中の少数。多数派から冷遇を受ける者は常に危機感を感じ、平和と平等を願う。数世紀にも渡って緊張関係にある宗教が多数派と少数派という不均衡を成している場合、その状況はさらに良くない。

July 21, 2021

フィリピン・マギンダナオ州知事からの平和功労賞...「イ代表平和の歩み、世界のインスピレーション」
2014年1月24日、フィリピンのミンダナオ島マギンダナオ州で、民間の平和協定が行われた。40年間紛争が繰り返され、当局のレベルで平和協定も結ばれたが、実質的な平和が定着しなかったこの地域に変化が起きた。

July 6, 2021

フィリピンのモロイスラム自治区感謝状”ミンダナオ和平会談‧国際平和会議成功の貢献に感謝”
2016年1月24日、フィリピンのミンダナオのスルタンクダラットでは、特別な行事が行われた。HWPLと現地イスラム教の先住民であるモロ人が2014年1月24日に締結したミンダナオ民間平和協定を記念して「HWPLの日の宣言、及び世界の平和記念碑除幕式」が行われた。

July 6, 2021

マレーシア国会議員の感謝状...「イ・マンヒ代表による人類平和への献身に感動」
国民のために真に平和を望む政治家であれば、HWPL(天の文化世界平和光復)が解決策として出した"DPCW10条38項"を無視することはできない。少なくとも、その内容がどのようなものか調べるつもりであり、考えや向かう方向が同じであれば一緒に行動しない理由はない。マレーシアで「市民のための国会議員」として評判が高い、カールファイヤームツサミ国会議員の話である。

July 6, 2021

HWPL-海外23のメディアとMOU ...平和活動の情報発信協力体制の樹立
[天地日報=ガン・スギョン記者] 2018年9月19日、平和万国会議4周年を迎え、韓国で行われた記念イベントでは報道・メディア12社がHWPLと公式MOU(了解覚書)を締結し、協力体制を強固にした。

July 6, 2021

[企画連載|平和実話資料公開] HWPL-海外23のメディアとMOU ...平和活動の定期プレス自発的合意
2018年9月19日、平和万国会議4周年記念イベントでHWPLと海外12のメディア間のMOUが締結された中でイマンヒ代表と報道機関の核心人事たちが覚書に署名した後、記念写真を撮影している。(提供:HWPL)ⓒ天地日報2021.6.30

July 6, 2021

HWPL-エチオピア‧アンティグア‧ドミニカ国の教育部とMOA
◆HWPL-エチオピア教育界との縁 2019年10月16日、HWPLとエチオピア高等科学省がエチオピアの首都アディスアベバの高等科学教育部のオフィスでMOAを締結した。合意覚書には、サムエル・キープレキダネ教育部次官が署名した。

June 24, 2021

汎アフリカ議会 ‘DPCW支持書’ 国連上程可能性高める
[天地日報=ソンテボク記者] 「汎アフリカ議会(PAP)は、戦争終息・世界平和宣言文(DPCW)を支持します」、2018年8月9日、アフリカ55カ国の連合立法機関である汎アフリカ議会(Pan-African Parliament、以下、PAP)は戦争終息・世界平和宣言文(DPCW)10条38項に対する公式支持書を平和団体の天の文化・世界平和・光復(以下、HWPL)に送った。

June 21, 2021

ニューヨーク、イエメン系アメリカ人協会「平和功労」感謝牌
[天地日報=ガン・スギョン記者] 紛争が絶えなかった国の国民は、さらに平和を渇望するものだ。 2015年から未だに内戦が続く国がある。イエメンである。戦争の残酷さを経験しているイエメンの人々は、天の文化・世界平和・光復(以下、HWPL)のイ・マンヒ代表が訴えた平和運動に共感するしかなかった。

June 18, 2021

韓国・HWPL-「カリブ海平和指導者連合」MOA...「DPCWを国連に」
[天地日報=ガンスギョン記者] カリブ海諸国の一つである、ベリーズのサイド・ムサ元首相は天の文化・世界平和・光復(HWPL、代表イ・マンヒ)が全世界に提案した「戦争終息・世界平和宣言文(DPCW 10条38項)」に傾倒した。国家間の暴力と葛藤の原因を解決するために、各国のリーダーを説得することができる内容であると確信したからだ。

June 18, 2021

エルサルバドル、サンタ・テクラ市 「HWPL平和活動への感謝牌」
2015年11月10日、エルサルバドルのサンタ・テクラ市長、ロベルト・ホセ・デアブイソンモングイア氏がイ代表に送った感謝牌(提供:HWPL)ⓒ天地日報2021.3.29

June 14, 2021

大韓民国を拠点とする国際NGOがミャンマーの平和のため対話の場を求める
大韓民国に本部を置く国際連合経済社会理事会傘下機関である国際NGO、HWPLは、ミャンマーの軍部クーデターや対中デモの発生による人権危機に対する憂慮を表明し、ミャンマーの対立を解決する平和的アプローチを支持する努力に参加することを国際社会に要請した。

June 11, 2021

米・メリーランド州2都市 ’HWPLの日’を宣言、アルテシア市は感謝状
[天地日報=ガンスギョン記者](社)天の文化・世界平和・光復(以下、HWPL)のイ・マンヒ代表の平和運動に接した米国の都市は相次いで支持宣言をした。

June 10, 2021

韓国防疫当局「新天地信徒の血漿で『変異ウイルス』の研究も進行中」
[天地日報=ギム・ビチナ記者] 既存のウイルスより感染力が1.7倍高いことが知られている新型コロナウイルス感染症(COVID-19)変異ウイルスに対抗するために、政府が研究開発を進めていることが伝えられた。

June 9, 2021

新天地血漿ドナーインタビュー 新天地血漿ドナーインタビュー
新型コロナ感染症(COVID-19)完治者で、合計9回の血漿提供をしたイ・ジイェ氏(仮名、35歳、女性)は、「昨年コロナ陽性判定を受けたときの気持ちは驚きと恐怖だった」とし「大邱で新型コロナが流行してからいつのまにか1年が経ったが、今もこの問題は続いている。新型コロナ終息のために、今年も血漿提供を継続しようと考えている」と述べた。

June 9, 2021

韓国・全国の新天地教会周辺商圏「直撃」… 「どうか教会を再開してほしい」
[天地日報=全国特別取材チーム] 何の前触れもなく突然爆発的に流行してしまった新型コロナウイルス感染症(コロナ19)1次大流行の中心地、新天地イエス教証拠幕屋聖殿(新天地)大邱では今月5日、「コロナ患者の多数発生によりご心配をおかけし、申し訳ない気持ちをお伝えします」という垂れ幕がかかっていた。

June 9, 2021

HWPL-バルト黒海理事会古城平和会談の後続合意書
2018年9月16日、HWPLとバルト黒海理事会が古城平和会談後、採択した後続合意書。この日の両団体は、平和会談の後、後続の合意書を採択しMOUを締結しており、翌日から行われた平和万国会議4周年記念行事に出席した。出席者が京畿道加平郡HWPL平和研修院で記念写真を撮影している。(提供:HWPL)ⓒ天地日報2021.5.30

June 9, 2021

ニューヨーク・マンハッタン「宗教大統合平和の日」「HWPLの日」宣言文
[天地日報=ガン・スギョン記者] 天の文化・世界平和・光復(HWPL)イ・マンヒ代表と平和使節団が31回平和歴訪を行い、平和を渇望する世界の声を聞こうと頻繁に訪問していた場所がある。国連本部があるニューヨークだ。ニューヨークはイ・マンヒ代表が国連関係者たちと交流し、世界の平和のための力の源とした都市だ。

June 9, 2021

ブラジルのイスラム教団体の功労牌...「イ・マンヒ代表の平和の歩みに感動」
[天地日報=ガンスギョン記者] 宗教の平和を望む人々は宗教が一つにならければならないということに共感する。宗教の自由がある世界のほとんどの国では、構成比率は異なるが、様々な宗教が存在する。

June 9, 2021

ブラジルのイスラム教団体の功労牌...「イ・マンヒ代表の平和の歩みに感動」
[天地日報=ガンスギョン記者] 宗教の平和を望む人々は宗教が一つにならければならないということに共感する。宗教の自由がある世界のほとんどの国では、構成比率は異なるが、様々な宗教が存在する。

June 9, 2021

【ク・ジイン事件3周忌】20代女性監禁·虐待中に死亡… 「ク・ジイン事件」をご存知ですか? [天地日報=キム・ピッチナ記者 ]
20代の女性が監禁されたまま虐待を受け死亡した事件が、今年で3周忌を迎える。 しかし、ク・ジイン事件は国内で「宗教問題だ」という理由でそれほど関心を受けられなかった。 むしろ、外国メディアの報道が続くなど、国際社会の関心が高まり、韓国で行われている宗教弾圧への批判の声が高まっている。

May 25, 2021

ギリシャのイスラム教徒協会長の感謝牌..「平和万国会議の出席は大きな光栄」
[天地日報=ガンスギョン記者] 多数の中の少数。多数派から冷遇を受ける者は常に危機感を感じ、平和と平等を願う。数世紀にも渡って緊張関係にある宗教が多数派と少数派という不均衡を成している場合、その状況はさらに良くない。

May 25, 2021

フィリピンの州立大学表彰牌…「イ・マンヒ代表、永遠の平和の業績残した 」
[天地日報=ガンスギョン記者] フィリピンのミンダナオで2014年1月24日締結された歴史的な民間平和協定は、現地で平和教育のための良い教材となっている。40年間にわたり解決されなかった紛争が、(私)天の文化世界平和光復(HWPL)イ・マンヒ代表の仲裁で行われた民間平和協定以降、現地の住民の主導のもと、平和の文化を成している。また、この平和の文化が後代のための教材としての役割も果たしているのである。

May 25, 2021

分裂‧対立にまみれた宗教界が一つになる答え「宗教連合事務所」
[天地日報=ガンスギョン記者] "世界平和を本当に成し遂げたいのであれば、宗教をまず一つにしなければならない" ㈳HWPL(天の文化世界平和光復)イ・マンヒ代表が世界平和のための歩みを開始し、海外宗教界から大きな反響を得た。それこそが「宗教連合事務所」である。

May 17, 2021

 196 1234